ボリンジャーバンド 順張り

ボリバンはトレンドフォローで使って下さい!

私はボリンジャーバンドを使うなら順張りでエントリーすることをおすすめします。

 

なぜなら、ボリンジャーバンドは、

 

1・相場のボラティリティを見る

 

2・相場のトレンドを見る

 

とういう、2点を計るのに優れています。

 

 

てか、この2つを見るために作られたテクニカル指標だからです。

 

ボリバンって、今の相場状況が、

 

「トレードできる状態であるか否か」

 

について判断するのにとても使える指標なんですね。

 

ボラティリティがある状態とは、多くの投資家が活発に取引をしてる時で、値幅が大きく動く状態です。

 

このボラのある状態がボリバンを見ればひと目でわかります。

 

+−3σのバンド幅が大きい時がボラティリティがあってトレードのしやすい時です。

 

【+−3シグマのバンド幅の目安】

 

・30足だと50pips以上ある時

 

・60足だと75pips以上ある時

 

・4時間足だと150pips以上ある時

 

・日足だと350pips以上ある時

が、ボラティリティのある相場状況だといえます。

 

で、こういう時は、上昇トレンドが出てるか、下降トレンドが出てる時にもなります。

 

ボリバンを見ればトレンドが解る!

 

ボリンジャーバンドのミドルバンドや、その他のバンドの形状をみれば、トレンドの有無もひと目で理解することができます。

 

先程の+−3シグマのバンド幅の数値にバンドが開いていてて、ミドルバンドが右肩上がり、又は右肩下がりの時はトレンドが発生してる最中となります。

 

 

この状態の時を、

 

バンドウォーク

 

と言います。

 

こういう状態の時を狙って、押し目買い、戻り売りをすると勝率の高いトレードをすることができます。

 

 

基本的なエントリーポイントは、

 

ミドルバンドの傾斜が急な右肩上がりの時は、レートが+1σまで下がってきたら買い

 

ミドルバンドの傾斜が急な右肩下がりの時は、レートが−1σまで戻ってきたら売り

 

ミドルバンドの傾斜が緩やかな右肩上がりの時は、レートが+1σまで下がってきたら買い

 

ミドルバンドの傾斜が緩やかな右肩下がりの時は、レートが−1σまで上がってきたら売り

 

 

というポイントに絞ってエントリーするとよいでしょう。

 

その時を待つことが大事です。

 

+−3σの幅が狭い時は見送った方が懸命だと思います。

 

なぜなら、狙える値幅が少くなるからです。

 

また、バンド幅が狭いということは、多くの投資家が活発に取引してない迷ってる状態と推測できます。

 

狙ってる方向と逆の方向に反転する可能性もあるので、危険なトレードになりえます。

 

こういった時は、トレードしない。

 

君子危うきに近寄らず

 

ですよ。

 

 

ボラティリティの拡大時も狙える!

 

じゃあ、バンド幅があって、ミドルバンドに傾斜がついてるときじゃないとトレードできないのか?

 

といわれたら、そんなことはありません。

 

トレンド状態の押し目買い、戻り売りが簡単で勝率の高い方法

 

なだけです。

 

他の順張り手法であれば、

 

ブレイクアウトもお勧め

 

 

ですね。

 

バンド幅が拡大してる状態があるということは、逆に収縮してる状態もあるということです。

 

ボリンジャーバンドは、常に同じ形をしてるわけじゃなく、広がったり狭くなったらを繰り返してます。

 

てことは、バンド幅が広く、ミドルバンドに傾斜がある状態になる前は、

 

「バンド幅が狭く、ミドルバンドが水平の時もあった」

 

 

ということです。

 

ミドルバンドが水平でバンド幅が狭い時は、相場がエネルギーを溜め込んです時なんです。

 

その後、その溜まったエネルギーが爆発して、上か下かに勢いよく動き出す。

 

そういう時に、動き出した方向へ付いていくのがブレイクアウトです。

 

ボリンジャーバンドのバンド幅が拡大していく状態を、

 

エクスパンション

 

 

といいます。

 

しかも、押し目買い、戻り売りよりも大きく利益を取ることができます。

 

だましがあるので、初心者さんには難しい部分もありますが、

 

私はブレイクアウトが好きです(^^)

 

ブレイクアウト手法の詳細は以下の記事に書いてます。

 

ボリンジャーバンドはエクスパンションを狙うと爆益を得られる理由

 

 

ここまで色々と書きましたが、要するに、

 

順張り最高!

 

だということですね。

 

私は、別に逆張り否定派ではないですし、たまに逆張りもやります。

 

ただ、やはり簡単で分かり易い順張りトレンドフォローの方をメインでやってます。

 

って、私がアホなだけなんですけどね(汗)

 

 

スポンサードリンク

【記事内広告ユニット】