ボリンジャーバンド タッチアラート

バンドタッチを通知させる方法

ボリンジャーバンドに価格がタッチした時にトレードしたいけど、ついチャートを見ていなくて見過ごしてしまった!

 

 

なんてことはよくありますよね?

 

家でがっつりパソコンの前でトレードしてても、テレビを見てたら見過ごしたとか、出先でスマホでトレードするのでつい見逃してしまう。

 

私はそんな経験ありました。

 

家では、バンドタッチしたらアラート音が鳴って教えてくれないかな

 

外出中は、バンドタッチしたらメールで教えてくれないかな

 

なんて毎日思ってました。

 

少し前までは。。

 

今は便利な世の中で、

 

バンドタッチしたらアラートが鳴ったり、メールが届くインジケーターがあるんです!

 

いやはや便利な世の中になりましたね。

 

ってことで、そのやり方を紹介していきます。

 

 

アラートを鳴らして教えてくれる方法

 

ここからは、mt4というチャートシステムを使った方法となります。

 

まず、バンドタッチでアラートが鳴るインジケーターを紹介します。

 

これ→BolliToucher.mq4

 

※右クリックで保存してください。ソースファイルで保存されるのでダウンロード後に、拡張子を「BolliTouche.txt」から「BolliTouche.mq4」に名前変更してください

 

保存したらmt4を開いて「ファイル」→「データフォルダを開く」のフォルダをクリックして開きます。

 

 

すると、データフォルダが開くので、その中にある「MQL4」のフォルダをクリックして開きます。

 

 

次に、「Indicator」のフォルダをクリックして開きます。

 

 

この「Indicator」のフォルダの中に、先ほど保存した「BolliToucher」のMQL4ファイル(インジケーター)をコピーして貼り付けます。

 

 

 

次に、「BolliToucher」をmt4のチャートにドラッグ・アンド・ドロップします。

 

 

すると、インジケーターの設定画面が出てくるので、パラメーターの設定を行います。

 

「Boba Period」が期間となり、「Boba Divisions」が偏差(2σや3σなど)の設定になります。

 

「Use_Sound」をtureにしておけばアラート音が鳴ります。

 

 

なお、このボリンジャーバンドにタッチしたら音(アラート)やドットサインで知らせるインジケーターは、1σ、2σ、3σなど偏差や期間もパラメーター変更で自由に設定が可能です。

 

これで、作業は完了です!

 

下図のように、+−2σにローソク足がタッチしたらアラートが鳴ります。

 

 

バンドタッチしたらドットも表示されます。

 

これで、ついテレビに夢中になってる時でも、一発でバンドタッチが把握できます(^^)v

 

次は、メール通知のインジケーターなんですが。。

 

 

バンドタッチをメールで通知してくれる方法

 

無料のインジケーターでバンドタッチメールが届くものを探しましたが、なかなかアリませんでした。

 

 

タッチアラートで矢印が出るインジケーターをセットして、別のメールだけを送るインジと2つ合わせたら出来る方法がありましたが、とにかくややこしくて難しいです(汗)

 

中上級者の方なら簡単なのかもしれませんが、初心者の方には厳しいかと思います。

 

そこで有料ですが、アラートもメール機能もついた一石二鳥のインジケーターを見つけました。

 

ボリンジャーアラート

 

ハッキリ言って設定も簡単なので、これを使った方が格段に早いです!

 

有料なのがたまにキズですが、まぁ必要経費だと思えば納得できます。

 

トレード以外のことで時間を取られるぐらいなら、さっさと設定してしまったほうが時間効率は良いでしょう。

 

どうしても無料が良いという方は、以下のものをお試しください。

 

これ→Add20Alert20and20SendMail.mq4

 

※右クリックで保存してください。ソースファイルで保存されるのでダウンロード後に、拡張子を「Add20Alert20and20SendMaile.txt」から「Add20Alert20and20SendMail.mq4」に名前変更してください

 

設定は試行錯誤しながらやればできないことはないかと思います。

 

スポンサードリンク

【記事内広告ユニット】