ボリンジャーバンドとは

ボリンジャーバンドとは?

そもそもボリンジャーバンドってどんなテクニカル指標なのか?

 

について、基礎知識を書いていきます。

 

FX初心者の方もおられると思いますので書かない訳にはいかないかな〜って事で、「基本的なことは知っているよ」って方はスルーしてくださいm(_ _)m

 

一般的に知られているボリンジャーバンドですが、

 

@上下バンドに価格が到達した(接近した)地点が売買サイン

 

売り:ボリンジャーバンドの上バンドに価格が到達した時に売り

 

 

買い:ボリンジャーバンドの下バンドに価格が到達した時に買い

 

 

 

A上下バンドどちらか抜けた場合に抜けた方向への勢いが強いという事で抜けた方向へ順張り

 

買い:ボリンジャーバンドの上バンドを価格が上抜けた時に買い

 

 

売り:ボリンジャーバンドの下バンドを価格が下抜けた時に売り

 

 

 

と、上記の@Aの売買サインは到達(接近)した場合と抜けた場合ということで文章上では明確に区別できますが、

 

実際の相場となるとかなり微妙!

 

なんです(汗)

 

ボリンジャーバンドの特徴

 

ボリンジャーバンドの上下バンドはサポート・レジスタンスラインと同じ様な性格を持っているとも言えるかも知れません。

 

バンドの幅で売買サインを使い分けるボリンジャーバンドの特徴の一つとしては上下バンドの幅が縮小してくると、

 

その後、上下バンドどちらかを抜けて大きく値が動く

 

事があり、

 

逆に幅が拡大してくるとボリンジャーバンドのセンターライン付近まで値を戻す

 

という傾向があるようです。

 

 

このようなボリンジャーバンドの特徴を考えると、

 

上下バンドの幅が拡大しているときには@の売買サインを元に注文を入れると、

 

騙しを減らすことも可能

 

だと思います。

 

また、上下バンド幅が縮小してから上下どちらかに値が大きく動くという事を書きましたが、バンド幅が拡大したままの状態で上バンドから下バンド(下バンドから上バンド)に価格が大きく動くことがあります。

 

こういう状態になった場合は、私の経験上、一時的な上昇(下降)に過ぎず、バンドに到達(接近)した後 はすぐ反転してボリンジャーバンドのセンターラインまでは戻る事が多いように思えます。

 

要は、トレンドの始まりとトレンドの終わりを見極める事ができる非常に優秀なトレンド系の指標だということです。

 

ちなみに、一般的にボリンジャーバンドは逆張りに使えそうに思いますが、私はトレンドフォローでトレードする際に使ってます。

 

ボリンジャーバンドはトレンドとボラティリティを教えてくれる

 

ボリンジャーバンドを使うことによって、

 

トレンド=相場の方向性

 

ボラティリティ=価格変動率(値動きの幅)

 

を知ることができます。

 

つまり、ボリンジャーバンドはトレンドとボラティリティを判断するために使います。

 

トレンドを判断するために、ボリンジャーバンドの真ん中の線、ミドルラインと呼ばれる移動平均線を見ます。

 

移動平均線が上向きならば上昇トレンドで、下向きならば下降トレンドだと判断します。

 

ボラティリティは標準偏差を利用して判断します。

 

ミドルラインの外側の線のことです。

 

+−2σや+−3σとわれる上下のバンドのこと。

 


※ピンク色/ミドルライン
※黄色/+−2σ
※青色/+−3σ

 

標準偏差はデータのばらつき具合を表す統計的な指標。

 

この、

 

バンド幅が広ければボラティリティが大きい

 

バンド幅が狭ければボラティリティが小さい

 

と判断します。

 

ボリンジャーバンドと標準偏差の関係とその仕組み

 

 

ボリンジャーバンドと標準偏差と仕組みについては上記の記事で詳しく解説してます。

 

 

スポンサードリンク

【記事内広告ユニット】